風俗の求人情報は自分の中である程度グループ分けをしてからチェックをした方が良いです

風俗求人を見ていると、給料や待遇に募集要項がまるで違うことを見つけることができます。同じ風俗の求人なのに、なぜそこまで違うの?と思う人もいるかもしれませんが、基本的に風俗というのはその中でもいろんな種類の営業体系がありますので、それに伴って募集している風俗嬢の種類も、待遇も大きく違うということなのです。

風俗求人は大まかにわけて営業時間、営業体系、風俗嬢のコンセプト、プレイのコンセプトに分けられています。営業時間は、何時から何時まで営業しているからその時間帯の中で出勤時間を決めるなどにかかわってきます。

営業体系は業種についてですね、ヘルス、出張ヘルス、ソープ、ピンサロ、オナクラ、セクキャバ、エステなど業種によって募集する人員、サービス内容、待遇が大きく変わります。

そして、風俗嬢のコンセプトがどんな嬢をその店がメインにしているかです。大衆風俗なら若い子が多いですが、人妻風俗ならば熟女など年齢が上のほう。

ぽっちゃりなら、太めの子、というような感じで女性のコンセプトは求人する女性の種類にも大きくかかわります。そして、最後にプレイのコンセプトがどんなサービスを売りにしているかです。

これに関しては、営業体系に関わってくるので業種別のサービスがどんな違いがあるのかを調べればすぐにわかるでしょう。それだけ種類があるとどの風俗を選んでいいかわからないときは自分の目的や性質に合わせるといいでしょう。

どのくらいの時間で働けるのか、給料はどのくらいほしいのか、性的サービスはどこまで許容できるのか、自分に合ったものを選ぶのが一番です。

コメントを残す